FC2ブログ
BZIdiot?voyage  日記メインに映画・グルメ・大相撲etc...と日々楽しくつづっています。
01≪ 2007| 1234567891011121314151617181920212223242526272802/ ≫03
どろろ
“どろろ”をね、友達と観てきた!
お兄ちゃんが『つまんないよ』とか言うもんだからあまり期待せず観たら…凄っい楽しいじゃんか!!
お兄ちゃんはいつも私が観に行く映画全て『つまんない』というのが生き甲斐なんだろね;

【STORY】
とある国では、争いが絶えず、血で血を洗う地獄の日々が続いていた。そんな時に天下統一を目指す武将、醍醐景光(中井貴一)は48体の魔物が封印された地獄堂へやって来る。自らの野望を果たすためなら、どんな事でもすると叫ぶ景光に、魔物達は『生まれてくる子の身体』を求める。景光はそれを承諾し、巨大なパワーと引き換えに自分の子供の肉体を魔物に捧げる。そして、生まれてきた長男は目や手足はおろか、胃も心臓も身体の48箇所を奪われていた。景光の妻の百合(原田美枝子)は、景光の命令により赤ん坊を泣く泣く捨ててしまう。
数年後...子泥棒のどろろ(柴咲コウ)は、魔物と戦う奇妙な男を目撃してしまう。近くにいた流浪の琵琶法師(中村嘉葎雄)から百鬼丸の秘密を聞かされ、どろろは驚いた事実を知る。それは20年前、呪医師と呼ばれる寿海(原田芳雄)が、川から流れてきた赤ん坊を拾った所、目も口も耳も足もなく、ただの肉のかたまりのような赤ん坊であった。寿海は持てる医術、秘術のすべてを注ぎ赤ん坊に仮の肉体を与え、魔物から身を守るため両腕に刀を埋め込んだ。その子は刀の名称と同じ百鬼丸と名づけられた。剣術を学び、1人でも生活出来る立派な青年に成長した百鬼丸(妻夫木聡)だが、寿海は老いに敵わず息をひきとってしまう。
寿海の遺言に従い、家を焼き払った百鬼丸は孤独にひしがれている時に何処からか声が響いてきた。『自分の肉体を取り戻したければ、それらを奪った48体の魔物を退治しろ』との内容だった。
先ほどどろろが見た異様な光景は正に肉体を取り戻す為の魔物退治だった。百鬼丸の生い立ちに、孤児である自分の境遇を重ね合わせるどろろは、刀が欲しいからと言いつつ魔物退治の手伝いをすることに。仲違いもあった中、いつしか友情を深めていく百鬼丸とどろろ。しかし、どろろの両親を殺した仇が百鬼丸の実の父親・景光であることには2人共まだ知る由もなく身体を求めて旅に出る……。

【感想】
手塚治虫はやっぱり良い!漫画と多少内容が違えど、やっぱり手塚パワーっは凄いわぁ=3
本当に始めは『どろろ』って小さい子供のイメージが強かったから柴崎コウってどうよ…って思ったんだけど、映画観てたらそんな思い吹き飛んじゃったし。俳優・女優ってやっぱり凄いなぁ…(*'へ'*)
『どろろ』と『ブラックジャック』は似てると思ったのは私だけ…?
どろろでは百鬼丸が身体を作って貰って、ブラックジャックだとピノコがまた身体を作って貰った…みたいな。
手塚治虫の漫画だけじゃないけど、本当に面白いものって単純な内容が一番楽しいんだよね。わざと回り道してるようなのじゃなくて、『どろろ』で言えば“48の魔物を倒す事で48の身体を取り戻せる”みたいに1本の道で真っ直ぐな内容なんだよね。あれ?分かるかなコレ。
様は1つの枝を沢山も枝分かれしたようなモノはいくら楽しい話でもその分半減しちゃうって訳よ!
あとは…CG!
言っちゃ悪いけど『妖怪大戦争』みたいなCGはクソじゃんか。内容がそもそも痛いんだけど;
『どろろ』はほぼCGな筈なのに違和感が…ない!w(*゚o゚*)w
役者とCG技術のタマモノってやつ?
私の1番好きなシーンは百鬼丸が拾われて寿海が死んでしまう所までと心臓を取り戻したのに心が痛いと言う所…かな。
ぶっちゃけ全部なんだけどさー
中井貴一やっばいカッコぃぃ!!!!妻夫木くんもピッタリで勿論カッコよい!
本当に本当にオススメ!!!!!!!!!!

評価は勿論…★★★★★(星5つ!)

ちょっと今日は画像多めで(笑)

ph_12.jpg

325097view019.jpg

ph_05.jpg

中井さんやっぱり惚れる…(*´ェ`*)
325097view006.jpg

dororo_chara.jpg

↑漫画だとこんなの。
325097view001.jpg

↑それでこっちが映画
スポンサーサイト



2007'02'04(Sun)11:47 [ TV・映画 ] CM0. TB0 . TOP ▲